« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月14日 (日)

風林火山#2 「さらば故郷」

まだ2話目なのに、思い切り泣ける内容でした。
後に運命の出会いを果たす晴信と勘助、
それぞれが孤独に突き落とされる様子を描いていました。
こういう見せ方があると、話がわかりやすくなって来ます。
今回が1話でもよかったと思ったくらいです。
それにしても不遇な身の上の勘助(泣)
だけどきっぱりとした過去の切り捨て方がよかった。

そして今回も出ました褌シーン(笑)。
もしや水戸黄門のように、サービスカットになるのか?
だけど褌では無く、背中にただよう哀愁と表情に
ぐっと引き込まれます。
物凄く悲しい現実が目の前に起こっているのに、
取り乱すこと無くだんだん悲しい目になって行く
勘助の姿が秀逸でした。
まいったなぁ…来週はもっと悲しいお話なんですね。

それにしても内野さん、お腹出たなぁ~。[:たらーっ:]
メタマクの時にもちょっとヤバイ!と思ったものですが…
まあ、男臭くて良しとするでごいす。

あまりにも大河が濃くて見ごたえありなので、
その後TBSにチャンネル変えて「華麗なる一族」見てたら
薄くて薄くて(笑)
それにあのドラマ、BGMがうるさ過ぎ!

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

風林火山 #1

武田軍の足軽大将、孤高の天才軍師である
山本勘助の半生を描く物語。
原作:井上靖『風林火山』

井上靖著の原作では、勘助はすでに結構なお年。
今回の大河ドラマは一年という長いスパンなためか、
勘助が若め。つまり、今の内野さんと同年齢くらいで
登場するのです。
脚本の大森さんは、ある程度ウッチーに
アテガキしたんじゃないかしら~。
諸国放浪で見事にバッチくなった
勘助。ワイルドで男臭く(笑)逞しいその姿は
とても魅力的です。


1話の展開は、対立する各軍の紹介と、
勘助奮起のためのきっかけ作りのような感じ。
勘助が兵法を極めるために諸国を修業して
故郷の三河に向かっている途中、
地元武田と駿河の今川、相模の北条が
戦っている甲斐の小さな村に立ち寄る勘助。
そこで各軍の戦い方を研究し、
どこに仕官するべきか考えているのですね。
今川強い! 湖から北条キター!スゲー!
等といちいち感動してる勘助くんの姿が可笑しい。
で、そこに絡んでくる一輪の花、ミツ。
勘ちゃん、何もワザワザ可愛い娘の家に忍び込まなくても(笑)

勘助は、ミツのところに食べ物を求め、知り合った縁で、
武田軍の赤部という粗野な男に襲われているミツを
助けちゃったりして。
ああ、そういえば1話中3回も助けちゃったんですよね~。
この辺りが長く感じちゃったかな~。

赤部はもっと簡単に始末されても良かったんじゃないかと
思ったのです。まあ、この赤部の首を取ったことで、
勘助が今川に仕官を申し出ようというのですから、
そう簡単には終わらせられないのでしょうが…

赤部を村人で囲んで、おできがある云々のシーンは、
一番要らなかったな。あのシーンがあったことで、
とても安物っぽいドラマに感じてしまった。
まあ、赤部の最後、やられっぷりはなかなか良かったですが…

勘助とミツも、その他の人たちの演技も悪くなかったけど、
どうも間延びした演出になっている気がしました。
もちろん、1話での村人との絡みは重要ですが、もっと
武田本家(晴信)の様子を見せて欲しかったです。

今後も、せっかく重厚な演技を期待出来る役者を揃えたのだから、
画面もそれなりに良い物を期待してしまいますー。

今日の午後、ラジオを聴いていましたら、
どこぞの評論家?の先生が、
「今年の大河いいですね~。主役の内野なんとかさん。」

いやあ、なかなか評判よさげなのですが、
やっぱり名前が読めないらしい(笑)
貫地谷しほりちゃんにいたっては、
「あの女の子も上手いね~。
あんな子どっから連れてきたんでしょうねー」
あんな子扱いになってました。
一年の間で、どれだけの人がウッチーの
名前を読めるようになるでしょう??

救いだったのは、そのラジオのアナが、
声だけ聞いていても凄い!と褒めていたこと。
OPのウッチーの声で「孫子」の一節
『はやきこと風のごとく…』が
本当にカッコいい!
あの台詞を毎週聞けるだけでも凄いことです。


ということで、初回放映祝いとして
NHKで買ってきた勘助風雲録という
お饅頭を開封(笑)
これ、勘助ちゃんの絵がついてるの。
ウッチー勘助とは程遠いけど、なんとなく可愛いです。
味もイケテル!

| | コメント (2)

結局

BSHi,総合、BS2と、風林火山3回見てしまった(笑)
見事に汚い勘助さん最高!
逞しいお尻まで大サービスでした~。

ドラマの1話ではいつもかなりハイな内野さんだけど、
今回の内野さんは結構抑え目??に感じます。

それに勘助が汚い分、ミツやんの綺麗なこと…
男臭い戦場に咲く花一輪…

現在ニフティの瞬ワードで、
「山本勘助」1位です。[:ピピピ:]
ちなみに内野聖陽は7位。

| | コメント (2)

2007年1月 6日 (土)

飲み初め


さて、正月気分もそろそろ抜かなければ
行けないというのに、私はやっと飲み初めです(嘘)

昨年からたまに会社帰りに足を運ぶワインバー(カフェ)で、
フランス自然派ワインのテイスティングをして来ました。[:ワイングラス:]

このお店は中央線某駅の改札前に位置し、
通勤定期で降りられるので行き易いのですよ。
ワインもお安いものからそれなりの物まで、
ワインディスペンサーに、瓶が逆さまに並んでいます。

昨夜は1300円で3種類ずつ、二人で計6種類のワイン、
つまりラインナップされていたもの全部(笑)を
テイスティングしました。

ロゼのシャンパーニュもラインナップされていたけど、
店員さんの粋な計らいで、2杯くれました。
中でも気に入ったのが、シャント・クク・ブランという、
ラングドック地方の白ワイン。
これが、まるでソーテルヌのような熟成した甘い香りなのに、
味は辛口で美味しいの。
一本買っちゃおうかとお店の人に伺ったら、
「すみません、残り一本になってしまって、お店で出す分に
取っておきたいのです~」だって。
ううーん、もう一度来なければダメね。

このお店凄く良いと思うのに、何故か客足が少ないのよね。
お店の一階はワイン売ってたりデリでお惣菜を売っていたり、
それなりに繁盛しているのですが、
奥のらせん階段を上がるとカフェがあるんですよ~。
たまにお客が来たと思ったら、
珈琲飲んで帰っちゃったりする…残念。
結構気軽に入って楽しめるので、ぜひお試しを。
つぶれちゃ困るので、皆どんどん行って下さい。<(_ _)>

WINE&DINE

| | コメント (3)

2007年1月 1日 (月)

濃い一年の始まり

あけましておめでとうございます。
今年も適度にブログを続けていくつもりです。
よろしくお願い致します。

さてさて、昨夜の大晦日はやはり紅白歌合戦で、
一年を締めくくりました。
といっても会場に居たわけでは無く、
テレビ前での観覧でしたが…
まあ、必然的に私の目は審査員席に行くわけですが、
テレビなので、いくら目を泳がせても
簡単に内野さんは見えません(笑)
ひたすら、内野さんを映し出すカメラを待つのみ。
それなりに結構映りましたが、
堂々としていて恰好良かったです!
歌手のパフォーマンスを、
心から楽しんでいる様子が見えました。
ただ、優勝旗を渡す役目は
ぜひやって欲しかったです~。

そして、一夜明けて元日の今日は、
もちろんNHKスタジオパークへ。
しかーし、到着するのが遅かったので、
ガラス窓前に陣取るのはすでに
無理な状態でした。
時々前に居る方々の頭の隙間から、
亀治郎さんや内野さんの姿が
ちらと拝見出来る程度…
でも、元日から生内野さんを見ることが
出来たのはラッキーだと思いました!

帰りにスタパのレストランに寄ったら、
風林火山定食(?名前うろ覚え)発見!
でも、今日はまだ食べられませんでした~。
6日からだったかしら?
しかたないので、チャングム定食を食べて帰りました。
実はレストランの内部にも、
勘助のポスターがたくさん貼ってあり、
その目の前で食事するのは恥ずかしかった~(笑)

スタパ出演中の内野さんも当然素敵でしたが、
市川亀治郎さんと柴本幸さんが、
とても気品に溢れていて素敵でした。
亀治郎さんは歌舞伎の所作を大切に
演じたいとおっしゃっていましたが、
ただ座ってトークをしているだけでも
洗練された魅力がありました。
役者としては新人だという柴本さんも、
同じ意味で魅力的な女性でした。
あの年齢であれだけしっかりと受け答えの出来る方は
あまりカズ多くはいませんね、たぶん。

今年の大河、楽しみで待ちきれません。[:ラブラブ:]

| | コメント (5)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »