« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年8月

2007年8月12日 (日)

Les Miserables(LONDON)

…あまりに日本が暑いので、逃亡して欧州に行ってましたダックです。
今回、イギリスとベルギーを回って来ましたが、向こうは寒いくらいでした。おかげで昨日戻って来たとたんに、全身から水気が蒸発してしまい、干物になりそうです…戻りたいです助けて下さい…
旅行記はたぶん後で少しは描くだろうと思うので、とりあえず観劇記だけアップ。

Les Miserables
Queen's Theatre London
2007年8月6日 ソワレ19時30分開演

キャスト
John Owen-Jones/Jean Valjean
Hans Peter Janssens/Javert
Joanna Ampil/Fantine
Gary Watson/Marius
Edward Baruwa/Enjolras
Cassandra Compton/Eponine
Claire-Marie Hall/Cosette


日本のレミゼに少々物足りなさを感じていたところ、運良く海外逃亡の話が持ち上がりましたので、最初に立ち寄るロンドンでレミゼを観ることにしました。今回はロンドン滞在が短かかったので、観た芝居はこれとオーランド・ブルームのウェストエンドデビュー作「In Celebration」の2本だけ。生オーリーはハリウッド・スターにしては前にあまり出ない控えめな役どころと抑え気味の演技でなかなか良かったのですが、3年ぶりに観たウェストエンドのレミゼは、これもかなり良かったです。ジーザスのマリアを観て以来のご贔屓のジョアンナ・アンピルがファンテやってて驚いた!久々のジョアンナファンテに再会!ブラボー!

パレス劇場からクイーンズ劇場に場所を移してからは初めての観劇です。クイーンズはかなり小さな劇場で、舞台の奥行きも高さも、本当にバリケード組めるのか?と思うくらい。案の定2幕で上手下手から半分づつ登場するバリケードは、随分背が低いように感じました~。あきらかに帝劇のバリケードの半分くらいの大きさと高さしかありません。このくらいのほうがパリの街角に築くという意味では、リアルな感じはしますが…アンジョの死体が客席側に向かって首を垂れるレイバックイナバウアー状態ではなく、体そのものが横向きになっていたのも、バリケードの設計に奥行きが取れないからなんだろうな~。
それに舞台の両横に、舞台とつながっているバルコニー、つまり日生劇場の「ベガーズ・オペラ」の時と同じようなバルコニーが作りこまれていて、ベガーの場面ではエポニーヌとガブローシュが上手バルコニーで座っていました。暴走馬車のシーンでも、逃げ回る市民たちが舞台からこぼれ落ちそうになっていましたよ~。
オケピも当然狭いので、オーケストラの人員が削減されたと聞いていましたが、どうみてもオケピに弦楽器や管楽器の入る余地はありません。中をしっかり見てはいませんけど、オケはおそらく電子音。さほどの違和感は無いけど、かなり残念ではありますよね~。

続きを読む "Les Miserables(LONDON)"

| | コメント (4)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »