演劇

2010年12月31日 (金)

野沢那智さんのこと(1)


あっという間に大晦日ですね。早い早い。

以前ちょっとだけレミコンの記事に忍ばせましたが、10月30日、台風とともに野沢那智さんが逝ってしまいました。
最近はあまり生でお姿を見る機会もなく、08年7月の「LOVE LETTERS」が、生で見た最後の姿になってしまいました。

正直なところ訃報が信じられず、あの日以来雲の上にいるような変な気分のまま日々を過ごしておりました。幸い、同じ狢の仲間とこの暮れに集い、泣いて笑って思い出語って慰めあって…おかげで少し落ち着いたかもしれません。
というわけで2ヶ月経った今、こうしてちょっと何か書こうとしています。
(カミングアウトに近い内容なので、内野さんなどの検索で来てくれる方には申し訳ございません。無視してね。)


私が野沢さんに傾倒するようになったきっかけは、はっきりどれと覚えていないのですが、おそらくTBSラジオの深夜放送「パック・イン・ミュージック」の金曜日。
当時中学生だった私は、深夜放送にのめり込み、オールナイトニッポンやらセイヤングやらパックやら、毎日のようにいろんなパーソナリティの放送を聴いておりました。もちろん、お布団の中で親に見つからないようにです。その中でも特に金曜パック(野沢那智・白石冬美)がお気に入りで、つたない文章力ではがきや手紙を出したりしていました。私の同級生などはすでにセイヤング辺りで毎週手紙を読まれてスター(笑)になっていましたが、私は一度も読まれたことはありません。メールや携帯など存在しない時代。あの頃は皆受験勉強などそっちのけで、深夜ラジオを聴きながら、便箋に必死に手紙をしたためておったのですよ。きれいなガラスのつけペンとインク壷なんか買い込んで書いたな~。

ご存知無い方がほとんどかと思いますが、野沢那智・白石冬美担当の金曜パック(通称金パ)は、リスナーからの手紙を野沢さんがひたすら読み、そこにチャコさん(白石さん)が合いの手を入れる…手紙数通と音楽がたまにかかるくらいで構成という、当時のラジオ番組ではあまり無い形式でした。ただ手紙を読むといっても、野沢さんが読むとまるで魔法のようにその内容は面白く活き活きと蘇り、日常的な内容であったとしても実に味のある世界を作る方でした。内容によっては女性的な、はたまた怪談などは低く恐ろしく、中学生だった私を一喜一憂させ楽しませてくれたのです。私が聴き始めたとき、すでに金パは昭和42年の開始から13年目にもなっていて、すでに長く続く番組の伝説的存在でした。

こうして当時の野沢さんは、ラジオで人気パーソナリティであると同時に、声優としてアラン・ドロンやさまざまなアニメに出演されていました。もちろんあの素敵な声には真っ先に惚れました。あの品のある端整な声と幅のある巧みな演技で、私のハートをすでに鷲掴み状態です。そして何よりラジオを聴いていると時々氏の発する「薔薇座」という名称(笑)。これが異常に気になりました。

ということである日とうとうチケットを予約して、野沢さん主催の劇団薔薇座アトリエ公演に足を運びました。ええ、いましたともボスが目の前に。当時渋谷初台にあった稽古場兼アトリエはとても小さいビルで、おしゃれな螺旋階段が目印でした。その小さいビルの中のアトリエですから、もう本当に目の前にあのお声の持ち主が…(笑)。しかも、そのお姿のなんと艶かしく美しいことよ!(ここは個人的趣向の話です)私中学生ですから、大人に憧れてたんですねきっと。今でもあの日のことを鮮明に思い出すけど本当に素敵でした。

つまり、野沢さんにとって一番大事だったものは「演劇」で、その演劇に取り組み、今まさに自身が演出している舞台の当日だったのですから、どんなに疲れていようと体調が悪かろうと、一番輝いていた瞬間を見てしまったのだと思います。
その日から、私は野沢さんの存在そのものと、野沢さんの生み出すさまざまな世界観に夢中になってしまいました。

恥ずかしいけどたぶん続くでしょう(笑)

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ!

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

メモがあった

08年7月に見た「LOVE LETTERS」の
観劇メモを発見。
まったくなっていない本当のメモだけど、
当日の日付でアップしておきました。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

『レ・ミゼラブル』25周年記念コンサート 2010.10.13 in ロンドン

Les Miserables The 25th Anniversary Concert
ワーナー・マイカル・シネマズ妙典
19:15開演

レ・ミゼラブル上演25周年記念コンサートの映像版。
公開初日の昨夜、一番乗りで観て来ました。
軽くレポートしておきます。


※ネタばれになるかもしれないところがあります。
これから観られる方はご注意を。


【キャスト】
Jean Valjean =Alfie Boe
Marius =Nick Jonas
Javert= Norm Lewis
Thenardier= Matt Lucas
Madame Thenardier =Jenny Galloway
Fantine = Lea Salonga
Cosette = Katie Hall
Enjolras = Ramin Karimloo
Eponine = Samantha Barks


満を持しての25周年記念コンサート。
とにかく会場が大きいです。
なにせ世界最大といわれるロンドンO2ドーム。
95年に行われたロイヤル・アルバート・ホールでの
10周年コンサートの数倍の規模に感じます。
なにせこの広い会場ですので、オケの規模も
半端じゃありません。
普段の上演の何倍でしょう??
厚いオケの音はそれはそれで良いのですが、
アレンジもそれなりにかなりの音がかぶっているので、
普段の上演時のシンプルなアレンジが好きな私には
ちょっと不満が残りました。
聴きたいフレーズが聞き取れない!
レミゼのアレンジはこれ!っていう音って絶対に
あるじゃないですか。
そういうのが厚すぎる弦にかき消されちゃったり
しています。残念!

本編の前に、想い出映像がついています。
初演時の様子、世界各国での催しなどを織り交ぜて、
ラストにはあのスーザン・ボイルまで登場。
必然的に笑いを誘いました。

ステージングは、板が広いこともあり舞台に近いです。
バリケードを模したセットの上段部にオケとコーラスが
います。
今回、舞台セットや小道具をかなり頑張っておりました。
衣装を舞台そのままに再現するのは当たり前だとしても、
10周年の時に小道具まで扱っていた印象はありませんでした。
銀の燭台を渡されるとか、黄色い紙切れを散らすとか、
銃を天に向けて撃つとか…
決めのシーンでの小道具使いがドラマ性を盛り上げました。
(ちなみに胸の焼印までは出ません…期待したけど)
また、照明をつっているクレーンをバリケードに見立てて
2幕の冒頭にガーっと下ろしたり、演出頑張ったなぁ。


役者のほうは、
バルジャン、結構硬派な印象。
オペラ系の方のようですね。
そしてジャベール。ブラックです。
こちらも硬い印象。硬派対決です!
10周年でエポニーヌを演じたLea Salonga。
ずいぶんとボリューミーになりました。
それでも歌唱力は衰えません。
実際の舞台でも、エポニーヌ経験者が数年後ファンテに
役替えというパターンは多いですが、今までで一番
ボリュームアップしている印象。
コゼットは、衣装が例の喪服ではありませんでした。
(もしかして、最近本舞台もこうなった??)
なにか、コゼット=喪服の印象が強いので、ちょっと
違和感があります。グレーのドレスです。
マリウスは虚弱(笑)に見え、
アンジョルラスは破壊力100%。
学生たちはそれなりに若かったかな。
People's Songは、アンジョの破壊力のおかげで
とても盛り上がりました

One Day Moreの後、つまり舞台と同タイミングで、
10分間の短い休憩が入ります。

後半は怒涛のようにエポの死。ジャベ入水。と、
セットのスクリーンを上手く使った演出で魅せます。
後半のバルジャンが良いんだ…
Bring Him Homeが特に。
最後も良かったけど。

これ以上、ストーリーに沿って書くまでもないで、
お楽しみのグランドフィナーレを少々。

10周年では、各国バルジャンズの
People's Songで締めましたが、
25周年は
1985年バービカン初演時キャスト、
クイーンズシアター現キャスト、
新バービカン版キャスト
まで勢ぞろいし、
まずはバルジャンズがBring Him Homeを歌いました。
その後全員でOne Day Moreを!ものすごい人数。
舞台上からあふれそうです。

Colm Wilkinson、さすがにお年を感じますが、
良い声。その横にさりげなくJohn Owen-Jones。
豪華!!
私この人のバルジャンが一番好きかも。
確か生を観てます。
Michael BallくんもLea Salongaと一緒で
横にますます広がったけど、
やはりマリウスはこの人って感じです。
なんというか…
全身がコゼットへの愛に溢れている。
皆、年をとっても凄いパワー。
圧倒されます。
なんだかんだいっても、最初から最後まで
泣きっぱなし、感動しっぱなしでした。
久しぶりのレ・ミッズ、
とても素晴らしかったです!


【追記】
ということで、昨夜はレ・ミッズを楽しんで来ましたが、
先週末から物凄い喪失感とショックで、
どうしたらいいかわからない状態で一週間を過ごしました。
10月30日、私の敬愛する野沢那智さんが他界されました。

幸いこの一週間仕事が忙しく、考えてもいられない
状況でもあったのですが、正直突然の訃報が自分の中に
受け入れられなかったのです。
今でもまだ信じられないのですが…

この件に関しては、いずれきちんと記述を残すつもりですが、
まだご冥福をお祈りしますなどという気分にもなれていません。
何度かネット上でファンの皆様との交流もしましたが、
皆一様に狐に摘まれた気分だといいます。

なんというか…人の死は必ずあるものだけど、
絶対死なないと思う人っていませんか?
私の中の那智さんは、そんな存在だったのです。
勝手な言い分だと思われるでしょうが、
いつまでも不滅の存在であり続けると思っていたのです。
芝居好きのエネルギーをいつでもフルに燃やして、
何度もの大病を乗り越えてダイ・ハードの如く生きて来た彼。
今回だって復活しないわけがなかったと思うのです。

今はただ、ミュージカルや芝居を楽しむきっかけをくれた
那智さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
そんな思いをかみ締めながらレ・ミッズを観ていました。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

行きたいなぁ

クリエ・ミュージカルコンサート

M.クンツェ&S.リーヴァイの世界

行きたいなぁ~。

19日以外で(笑)

禅さん&一路さんの「夜のボート」を聞いたら、絶対泣く!

とりあえず、先行申し込んでみよう。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

Blackbird その2

2009年8月2日(日)
13:00開演

世田谷パブリックシアター
出演:レイ(ピーター) 内野聖陽、ウーナ:伊藤歩



今日も観て来ました。Blackbird。

ウーナが声不調でちょっとかわいそうでしたが、

かなり演技はこなれて来た印象でした。

二人とも、あんな男、こんな女っぷり(笑)が、かなり板についた感じ。

一度ラストを体験してから、改めて見る二人の演技も面白いです。

ただ、どうしてもレイの一挙一動に突っ込みいれたくなってしまいます。

「うそつき!」と。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

Blackbird

Blackbird (ブラックバード)

2009年7月18日(土)
13:00開演(上演時間2時間 休憩無し)
世田谷パブリックシアター
出演:レイ(ピーター) 内野聖陽、ウーナ:伊藤歩

演出:栗山民也
美術:島次郎
照明:勝柴次朗
音響:山本浩一
衣裳:宇野善子
ヘアメイク:佐藤裕子
演出助手;豊田めぐみ
舞台監督:三上司


この先、読み手によってはネタバレになってしまう記述がある可能性があります(シツコイ!)ご注意下さいませ。




この作品を見て、否が応でもナボコフ作「Lolita」を思い出しました。
設定が類似し過ぎているから。
でも、この2作品には決定的な違いがあります。
「Lolita」には、ハンバート・ハンバートの少女への偏愛の理由が描かれていた。
それは、少年時代に死別した彼女の面影を未だに求めているから。

しかし、「Blackbird」には、レイが少女を求める理由、きっかけなどがいっさいシナリオ上には描かれていません。

それに、ラストも違う。
「Lolita」では、ハンバートは再び愛する少女と死別という悲しい結末を迎えますが、「Blackbird」はラストもあいまい。どうとでも受け取れるし、どうとでも想像できます。
あの物語の後の二人(いや、複数人というべきか?)の関係はいっさいわからないまま、客を置き去りにして幕が降りてしまいます。

倒錯には、何かしらの理由があると思っていました。
ハンバートは非常に学のある知的な男なうえ、12歳のピュアな想い出を引きずって生きる中年男性、言い換えればとても繊細な、繊細過ぎた男だったに違いない。
相手が少女なら、自らも少年の心をそのまま持ち続けて生きてきたのです。

いっぽうレイのほうは・・・82人でしたっけ?(違う・・・それは・・・違う・・・そっちはウーナのほうの・・・)
つまり、少女なら誰でも良いというように見えます。
もちろん意識下では選り好みするんでしょうが、正直「手当たり次第」といっても間違い無いように見えてしまいます。

「児童ポルノ禁止法改正案」は衆院解散で廃案になりそうな気配があるようですが、こんな改正案が提示されるほど、性癖・性犯罪の理由が年々単純化しているように感じていた今日この頃ですので、まさしく爆弾落とされたような気分になりました。凄い戯曲を世に出したものですね、ハロワー氏。
映画化の予定もあるようですが、映像になる場合はかなり気を使う必要があるのではと感じました。映像は残りますのでね・・・

はて、もうすぐ3歳の天使ちゃん(娘さん)を持つわれらが内野氏は、この「理由」をどう設定して演じていたのか、非常に興味を持ちました。「ただ好きなだけ」というのでは演じにくいでしょうから、何かしら自分の中に「モラル」を外すためのイメージを抱きながら演じていたのだろうと、終演後そればかり考えてしまいました(笑)

実に余白が多く、終演後も自分の脳内に住み着いたレイとウーナをさらに激しく戦わせることのできるような、あとを引く素晴らしい芝居でした。プログラムの小田島先生の翻訳についての記述を読み、うっかりアマゾンのボタンをポチっと英語台本も予約しちった・・・ああ日本の夏・・・散在の夏。

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

BlackBird観て来ました

本日My初日です。

少しでも書くとネタバレしそうなので、

感想はまた後日・・・

内野さんあいかわらず冒険家だ。

ドラマでファンになった人の数パーセントが、

確実に奈落の底へ突き・・・typhoon

【追記】

自分のための豆知識(笑)

Tynemouth

Newcastleの東の海岸の町。

見るからに寂しそうなところです。

数年前、Newcastle経由でエディンバラ、グラスゴーまで

旅をし、小さな町にも泊まりましたが、

芝居の中でレイとウーナが語るとおりの姿です。

夕方5時になると店はすべて閉まり、町には誰ひとり歩いていません。

数件のパブは明かりを灯していますが、夜は食事は出しません。

数人のおやじがビールを飲んでいるだけです。

Tynemouthもきっと、窓を開けても聞こえるのは波の音・・・

そんな風景を思い浮かべながら観たこの芝居は、

ズシーンと重く心に響きました。

| | コメント (2)

2009年4月22日 (水)

英国 スーザン・ボイルの一件で

今年もレミゼがあることを思い出しました(笑)

あの歌が素晴らしいことは、ここに来る皆さんなら

とっくにわかってますよね~♪

もちろん、スーザンの歌声も素晴らしかったですが、

やはり舞台の中で歌われてこそと思ったのは、

私だけではないはず。

何にも知らない人は、「自分の心境の歌詞をはめて歌った」とも

言っているらしい・・・

あれはあの通りの歌詞ですよ~。

スーザンの歌に感動した人は、舞台も観てね!

スーザン・ボイルさんの「I DREAMED A DREAM 」

ミュージカル「レ・ミゼラブル」

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

アンデルセン

「アンデルセン」 劇団四季 秋劇場

キャスト

ハンス:味方隆司

マダム・ドーロ:斉藤美絵子

ニールス:松島勇気

ペーター:有賀光一  他

ものすごく久しぶりのハンス・・いや「アンデルセン」観劇。

そうそう、以前「ハンス」というタイトルの時に見たんですよ~。

市村ハンスに加藤ニールスだった頃。

この作品は子供向けに丁寧に作られていて、内容も台詞もとてもわかりやすい上、曲が天下のフランク・レッサーなのです。大人が見るミュージカルとしても大変素晴らしいのですよ。

それになんといってもやはり美しいバレエシーンが好きです。
今回のドーロ&ニールスも頑張ってました!
演じて踊れる役者・・・やっぱり凄い!

ハンスのやさしく、時に強い感情を込めて、マダム・ドーロを包み込むように語りを勤める「人魚姫」のシーンには目を奪われます。海の魔女が○○だったのは、今回初めて気づいた気がしますが・・・(笑)

この作品は唯一「絶対四季がやるべき」と思う作品です。ぜひジーザスのように、定期的に上演を続けて欲しいです!バレエや演劇好きの方は、ぜひ一度はごらん下さい~!

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

私生活 3回目

「私生活」 2008年10月19日(日)マチネ

見事に通ってますね~。
だって久々のうっちーの舞台だもんね。
本日はminiさん主催の団体観劇に入れてもらって観て来ました。
総勢20名?くらいうっちーファンが揃っての観劇とお茶会。
久しぶりで楽しかったなぁ~。
座席もとても観やすいお席でした。

今日の舞台、じゅんさんのテンションがちょっと面白かった。
(なぜか毎回じゅんさんウォッチになっとる)
バルコニーに初登場の最初の台詞。「マンディ~~~」の前に、
異様にモジモジくんになってました。
前からそんなだった?

2週目ともなると、4人ともすっかりリズムに乗って、
スムーズな舞台運びになって来ました。
やっぱりこの舞台は台詞が面白すぎ。
ネタバレになるのでここに並べるわけには行きませんが、
とにかく一言も逃さず聞く価値があります。

なのになのに後ろの列の大きな団体観劇のオバちゃんたちが
上演中おしゃべりしたりガサゴソしていたので、
思わず「Three hours クリブス!」と叫びたくなりました・・・

ということで、あと一回観る予定。

| | コメント (1)