ドラマ

2007年10月 8日 (月)

CEATECで勘助さん捕獲

エレクトロニクスの見本市です。
金土となぜかお仕事でこの会場に詰めておりました。

お昼休みに会場内をうろついていたら、NHK関連のブースを発見。

なにやらレトロなお茶の間の様子が再現されています。


でもこんなものでは満足しませんよ。

ブースの中に足を踏み入れると、あ、ありました。
奥のほうです。


勘助さんが映ってます!デジタルTVで風林火山をやってました。
これを見てダックさんは満足し、午後のお仕事も楽しくこなすことが出来ました。

それにしても、マスプロアンテナの人形怖いです…

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

風林火山 #6 +ゲキ×シネ

今日はゲキ×シネ「メタルマクベス」に行って来ました。
ということですので、100%ランディで帰宅。
そして風林を見たわけですが…
内野さんの芝居が物悲しくてたまりません。
ランディ、マクベス、勘助。
どれを想っても辛くなる。
ああ~もうどうにでもして~!


ゲキ×シネ、素晴らしかったですよ。
舞台を何度も観ていても、観に行ってよかったと思いました。
ラスト近くのマクベス夫妻の狂気。
涙が流れる様子までは、舞台の客席からは見えませんでした。
DVD観ただけでは到底補完出来ません。
ゲキ×シネは本当に素晴らしいです。
新感線のエンターティンメントぶりには、頭が下がる思いです。

| | コメント (1)

2007年1月14日 (日)

風林火山#2 「さらば故郷」

まだ2話目なのに、思い切り泣ける内容でした。
後に運命の出会いを果たす晴信と勘助、
それぞれが孤独に突き落とされる様子を描いていました。
こういう見せ方があると、話がわかりやすくなって来ます。
今回が1話でもよかったと思ったくらいです。
それにしても不遇な身の上の勘助(泣)
だけどきっぱりとした過去の切り捨て方がよかった。

そして今回も出ました褌シーン(笑)。
もしや水戸黄門のように、サービスカットになるのか?
だけど褌では無く、背中にただよう哀愁と表情に
ぐっと引き込まれます。
物凄く悲しい現実が目の前に起こっているのに、
取り乱すこと無くだんだん悲しい目になって行く
勘助の姿が秀逸でした。
まいったなぁ…来週はもっと悲しいお話なんですね。

それにしても内野さん、お腹出たなぁ~。[:たらーっ:]
メタマクの時にもちょっとヤバイ!と思ったものですが…
まあ、男臭くて良しとするでごいす。

あまりにも大河が濃くて見ごたえありなので、
その後TBSにチャンネル変えて「華麗なる一族」見てたら
薄くて薄くて(笑)
それにあのドラマ、BGMがうるさ過ぎ!

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

風林火山 #1

武田軍の足軽大将、孤高の天才軍師である
山本勘助の半生を描く物語。
原作:井上靖『風林火山』

井上靖著の原作では、勘助はすでに結構なお年。
今回の大河ドラマは一年という長いスパンなためか、
勘助が若め。つまり、今の内野さんと同年齢くらいで
登場するのです。
脚本の大森さんは、ある程度ウッチーに
アテガキしたんじゃないかしら~。
諸国放浪で見事にバッチくなった
勘助。ワイルドで男臭く(笑)逞しいその姿は
とても魅力的です。


1話の展開は、対立する各軍の紹介と、
勘助奮起のためのきっかけ作りのような感じ。
勘助が兵法を極めるために諸国を修業して
故郷の三河に向かっている途中、
地元武田と駿河の今川、相模の北条が
戦っている甲斐の小さな村に立ち寄る勘助。
そこで各軍の戦い方を研究し、
どこに仕官するべきか考えているのですね。
今川強い! 湖から北条キター!スゲー!
等といちいち感動してる勘助くんの姿が可笑しい。
で、そこに絡んでくる一輪の花、ミツ。
勘ちゃん、何もワザワザ可愛い娘の家に忍び込まなくても(笑)

勘助は、ミツのところに食べ物を求め、知り合った縁で、
武田軍の赤部という粗野な男に襲われているミツを
助けちゃったりして。
ああ、そういえば1話中3回も助けちゃったんですよね~。
この辺りが長く感じちゃったかな~。

赤部はもっと簡単に始末されても良かったんじゃないかと
思ったのです。まあ、この赤部の首を取ったことで、
勘助が今川に仕官を申し出ようというのですから、
そう簡単には終わらせられないのでしょうが…

赤部を村人で囲んで、おできがある云々のシーンは、
一番要らなかったな。あのシーンがあったことで、
とても安物っぽいドラマに感じてしまった。
まあ、赤部の最後、やられっぷりはなかなか良かったですが…

勘助とミツも、その他の人たちの演技も悪くなかったけど、
どうも間延びした演出になっている気がしました。
もちろん、1話での村人との絡みは重要ですが、もっと
武田本家(晴信)の様子を見せて欲しかったです。

今後も、せっかく重厚な演技を期待出来る役者を揃えたのだから、
画面もそれなりに良い物を期待してしまいますー。

今日の午後、ラジオを聴いていましたら、
どこぞの評論家?の先生が、
「今年の大河いいですね~。主役の内野なんとかさん。」

いやあ、なかなか評判よさげなのですが、
やっぱり名前が読めないらしい(笑)
貫地谷しほりちゃんにいたっては、
「あの女の子も上手いね~。
あんな子どっから連れてきたんでしょうねー」
あんな子扱いになってました。
一年の間で、どれだけの人がウッチーの
名前を読めるようになるでしょう??

救いだったのは、そのラジオのアナが、
声だけ聞いていても凄い!と褒めていたこと。
OPのウッチーの声で「孫子」の一節
『はやきこと風のごとく…』が
本当にカッコいい!
あの台詞を毎週聞けるだけでも凄いことです。


ということで、初回放映祝いとして
NHKで買ってきた勘助風雲録という
お饅頭を開封(笑)
これ、勘助ちゃんの絵がついてるの。
ウッチー勘助とは程遠いけど、なんとなく可愛いです。
味もイケテル!

| | コメント (2)

結局

BSHi,総合、BS2と、風林火山3回見てしまった(笑)
見事に汚い勘助さん最高!
逞しいお尻まで大サービスでした~。

ドラマの1話ではいつもかなりハイな内野さんだけど、
今回の内野さんは結構抑え目??に感じます。

それに勘助が汚い分、ミツやんの綺麗なこと…
男臭い戦場に咲く花一輪…

現在ニフティの瞬ワードで、
「山本勘助」1位です。[:ピピピ:]
ちなみに内野聖陽は7位。

| | コメント (2)

2006年12月23日 (土)

のぼりがやっとキタ!

私の勤務先のJR某駅構内に、
やっと風林火山ののぼり旗が立ちました![:祝:]
待ってたよ~♪
3本立ったよ~♪
スイカのペンギンの隣に立った!

会社行くのに毎朝のぼりの前を通ると、
気合入るかもしれないし~。

あとはキオスクに勘助まんじゅうと
勘助キティが来ればいいんだな?
うしし[:パクッ:]

| | コメント (1)

2006年6月22日 (木)

あなたの万田高太郎です…プリマダム最終回

珍しく全部見てしまったドラマ「プリマダム」
昨夜はその最終回でした。
ストーリーは他愛も無いベタ展開でしたが、
何故だか毎週楽しみに見てしまいました。
「アテンション~」は2回目以降見てませんけど(笑)

中森明菜が意外に良かった。
役にぴったり合っていて…
というより、完全にアテガキですよね。
アテガキだとしても、絶妙な
上手いキャスティングだと思いました。
入院した後、ほとんどノーメイクっぽかったのが、
凄くプロ意識を感じました。
それに、彼女の笑顔はとても癒されます。
上手い下手とかでは無く、
独特のオーラを放って輝いている、
素敵な役者だと感じました。

さて昨夜の最終回、土井バレエ教室の発表会が、
鳴り物入りの生放送で行われました。
ホントに最後の数分でしたけど、
緊張感があって良かったです。
踊りもきれいに決まったし、
大団円で終わるドラマって素敵。

| | コメント (0)

2006年4月20日 (木)

プリマダム#2 アテンション・プリーズ#1

先週から始まった『プリマダム』
今回も面白かったです。
なんといっても古田さんの旦那っぷりがたまらん。
明菜ちゃんは今にも○にそうだし・・・
今後の展開が容易に想像出来るけど、結構楽しんでみていますです、はい。

そういえば、一昨日は『アテンション・プリーズ』#1も見ましたけど、上戸ちゃん演じる美咲洋子のバカっぷりは相当なものでして・・・つまり、洋子を訓練生にしたJ○Lがますます信用ならない会社として見えてしまったのは残念でした(笑)相当イメージアップをねらって造ったドラマなんだろーにね。洋子が今後、いくら立派なCAになったとしても、後の祭りです。私は今後もA○Aに乗ります。

昔の『アテンション~』の洋子って、こんなにバカだったかなぁ??あまりに小さかったので、主題歌しか覚えてないのです。おまけに、歌詞を理解できないくらい小さかったので、間違えた歌詞で歌ってたみたいです。今歌詞を見てみると、とっても幻想的な感じなんですよ~。あの歌もぜひ木村カエラでリメイクして欲しかったですよ。[:飛行機:]

| | コメント (1)

2006年4月13日 (木)

プリマダム

『プリマダム』は、幼少時バレエをやっていた主婦が、かつて夢みていたプリマへの道を目指すという、ありそうで無かったドラマです。

黒木瞳さんの夫が古田新太さんだったり、戸井勝海さんがバレエ教師役してたり(笑)さほど期待せずに見たのに、妙な見所盛りだくさんで面白かったです。トゥーランドット、さっそくBGMに使われてるし~。

なんといっても、ハンバーガーショップのフロアでいきなりグランフェッテし始める小林十市さんを見られたのはよかったです(笑)ドゥーブル入れてなかったのは残念だけど、ラストはかなり派手にクルクル回って終わりました。
このシーンは、実写版エースで、宗方コーチが「愛してる」を3回言った時以来の衝撃でした。

ああー!録画しておくんだった!
来週も絶対見ます!

| | コメント (0)