気ままな日常

2009年4月14日 (火)

ブログ引っ越します

 なんとなく引っ越しの気分。
春ですねー(笑)

ブログのお引越しをしました。
続きはこちらでどーぞ。
http://duckytt.tea-nifty.com/ducklog/

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

近況

最近、パソコン離れが著しいダックです(笑)
会社で一日パソコンに向かって仕事をしているので、
家に帰って来てから自分のを起動する気力が出ません。
今週は、とうとう一度も起動しないで過ごしました。
で、その代わりに何をしているかというと、
「編み物」でござんす。

小さい頃から母がよくしていたので、私も編み物をするのが
大好きでした。初めて編んだのはスヌーピーのぬいぐるみの
チョッキでしたが、最初はキクラゲ状態にくるくると丸まってしまい、
大変でした。
子供の時はそうやって結構楽しんでいたものの、
もうかれこれ20年くらいまったくやってませんでした。

昨年の冬だったか?
まず、ネットで発見して惚れ込み、
あみねこを一匹作成。
これで一気に忘れていたアドレナリンが出ました(笑)
その後、初夏でしたのでレース編みのドイリーをいくつか。
秋になってからはセーターを編み。
今は母のベストを作っています。
(ま、編みかけのものについては聞かないように)

編み物は、素材を変えると一年中楽しめるのでいいですね~。
そろそろ春夏物に切り替えないと。

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

オクトーバーフェスト


ドイツの伝統的なビール祭り、
オクトーバーフェストが横浜赤レンガでも行われています。

10月7日(日)お天気もよい夕方のたそがれ時、私達仲間7人も参戦。すでに会場は人でいっぱい。建物の中では舞台上で出来上がった一般人がバンドやダンサーに混ざり、踊り狂っております。楽しそう~。


なんとか人をかき分けテントの外に席を確保。
ビールとつまみを買うのに30分もかかってしまいましたが、並んだ甲斐あって、なんとまあ生ドイツビールの美味しいこと!ビールを注ぐお兄ちゃん、とっても大変そうだけど、真剣に、素敵な笑顔で対応してくれて気分が良かったです。
よくドイツ居酒屋にも行きますが、この会場のビールは最高に味わい深かったですよ。
やっぱり回転が良いので、新鮮なうちに飲むことが出来るからでしょうか。


つまみの料理もいろいろ売っていました。
伝統的なドイツのソーセージやローストチキン、アボカドとまぐろのサラダまで、あらゆるものが揃っています。中でもドイツのパン、プレッツェルが物凄く美味しかったー!
このパンの風味が最高!香りだけで呑めます。


今回は、ビットブルガー、ケストリッツァー、ヴァイスと、3種類ものビールを味わいました。ビールを買う際にはデポジット料金も取られるので、グラスはお土産に持ち帰ることも可能です。写真はケストリッツァーという、ゲーテも愛したという黒ビールです。
本当に美味しいですよ、ここのビールは!
今年は終わってしまったけど、また来年も行きたいです。


横浜の夜景も大変きれいでございました。

| | コメント (1)

2007年2月12日 (月)

びっくり!

昨日、バレンタインの買い物で賑わう
デパ地下の雑踏に踏み込んで買って来た、
アンリ・ルルーのキャラメルを食べていたら、
ルルーさんがTVにいきなり出て来てびっくり!
知り合いでも無いのに運命を感じました(笑)
ブルターニュ地方…行ってみたいなー。


TVに映るルルーさんは、チョコレートを作っていました。
でも、チョコではなく、このルルーさんの作る
塩バターキャラメルを一度食べてみたかったのです。
昨年パリで買おうと思っていたのですが、
買いそびれてしまったのです。
輸入代も計上されているためか、キャラメルと言えども
素晴らしいお値段なのですが、これが旨い!
塩梅が絶妙。言うことなし。


でも、こういう贅沢品は、
二度と買うことは無いでしょう(笑)
ブルターニュの本店で買うといくらなのかなぁ。
アーモンドグリコで代用します。


それにしても、昨日から腰が痛くて…[:困惑:]
2~3日前にちょっとした事故で、
駅で転んだのが原因だと思うのですが~。
時間が経ってからこんなに痛くなるなんて、
年を取るって嫌ですね。
あー明日出社できるかしら。

| | コメント (2)

2007年1月 6日 (土)

飲み初め


さて、正月気分もそろそろ抜かなければ
行けないというのに、私はやっと飲み初めです(嘘)

昨年からたまに会社帰りに足を運ぶワインバー(カフェ)で、
フランス自然派ワインのテイスティングをして来ました。[:ワイングラス:]

このお店は中央線某駅の改札前に位置し、
通勤定期で降りられるので行き易いのですよ。
ワインもお安いものからそれなりの物まで、
ワインディスペンサーに、瓶が逆さまに並んでいます。

昨夜は1300円で3種類ずつ、二人で計6種類のワイン、
つまりラインナップされていたもの全部(笑)を
テイスティングしました。

ロゼのシャンパーニュもラインナップされていたけど、
店員さんの粋な計らいで、2杯くれました。
中でも気に入ったのが、シャント・クク・ブランという、
ラングドック地方の白ワイン。
これが、まるでソーテルヌのような熟成した甘い香りなのに、
味は辛口で美味しいの。
一本買っちゃおうかとお店の人に伺ったら、
「すみません、残り一本になってしまって、お店で出す分に
取っておきたいのです~」だって。
ううーん、もう一度来なければダメね。

このお店凄く良いと思うのに、何故か客足が少ないのよね。
お店の一階はワイン売ってたりデリでお惣菜を売っていたり、
それなりに繁盛しているのですが、
奥のらせん階段を上がるとカフェがあるんですよ~。
たまにお客が来たと思ったら、
珈琲飲んで帰っちゃったりする…残念。
結構気軽に入って楽しめるので、ぜひお試しを。
つぶれちゃ困るので、皆どんどん行って下さい。<(_ _)>

WINE&DINE

| | コメント (3)

2006年10月 8日 (日)

ちょっと叫んでみます!

英国のお菓子が食べたいッ!

トライフルとか…
チョコレート・ブラウニーとか…
アイスクリームの乗ったアップルクランブルとか…[:ケーキ:]

お菓子

実際あの量を食べるのは困難だけど、
なんというか、大物を目の前にした時の
幸せ感が欲しいのね(笑)

| | コメント (3)

2006年7月25日 (火)

写真がダメよ~

お料理好きなおねえ様方のリクエストにお答えしたい
ところですが、羊料理の写真は見事に手ぶれしておりまして、
何故かこんなものしか、上手く写って無かったんです。

ヤクのミルクで造ったお酒
これは、ブルーチーズの香りがしました。
香りというより、匂いの域ですなこりゃ。

モンゴルのビール
ウランバートルと書いてあったけど、モンゴルでは
ビール自体、比較的最近作り始めたのだそうです。
モンゴルビール

しかも、骨付き肉出て来た時点で、
みんなカニを食べる時のように、
静まり返って必死になっていたので、
カメラなんかそっちのけでございました(笑)

| | コメント (3)

2006年7月24日 (月)

羊祭り

羊ですよ羊。
モンゴル料理を食べて来ました。
丑の日だというのに、羊肉祭りです。

巣鴨の住宅街にある「シリンゴル」というお店。
大変おいしゅうございました。
なんといっても、羊肉を骨付きのまま
豪快に塩茹でした料理が凄かったです。
羊といっても、まったく臭みも無く、
柔らかくて美味しいのです。

羊といえば、ジンギスカンが流行っていますが、
こういう正統派のモンゴル料理も楽しいです。
馬頭琴の演奏まで聞かせてもらったんですよ

| | コメント (2)

2006年6月14日 (水)

メタルマクベス2回目!等(笑)

今日2回目のメタマク観て来ましたけど、
やっぱり初日よりかなり良かった~!
マイ千秋楽迎えてしまったのだけど、
かなり寂しいです…

新感線の舞台は、総合的に本当に素晴らしい!

[:豚:]ところで、まったく話は変わりますが、
昨年の今頃漬けた、新生姜の甘酢漬け。
実はあまりに辛くて、一瓶開けずにそのままに
なっていました。
一年も経てば辛味も抜けるだろうと開けて食べたら、
やっぱり激しく辛かったのです。[:冷や汗:]
そのままでは食べられない程辛い生姜。
生姜を細かく刻んで甘酢とともにご飯に混ぜ、
酢飯を作る以外に、何かレシピは無いかしらん。
ここを訪ねて下さる料理の鉄人の皆様~、
ヘルプミー!

| | コメント (3)

2006年6月10日 (土)

梅雨に入ったのに

昨日、関東も入梅したそうですが、
今日はなんとも皮肉っぽく、青空が広がっておりました。
せっかくブログのテンプレートも変更したというのに(笑)

実は今月末、出張ついでに京都旅行をして来ようと
思っています。
連れの友人が「宿坊に泊まりたい」というので、
そういった宿をいろいろ探してみました。
私の宿坊のイメージは、お寺に泊まり、朝のおつとめや
精進料理、もしかしたら座禅も出来る?という感じでした…

が、最近の宿坊は、お寺に併設された鉄筋の建物で、
中はホテル並の施設になっていたりと、かなり
近代的なつくりになっているようなのです。

一時期宿坊に泊まることがブームになった時期があったけど、
やはりお客が殺到して、お寺では賄い切れなかったんでしょーか?

私たちの選んだ宿も、お寺の場所から
少し歩いたところにあるようです。
さてどんなところなのでしょう。
果たして邪念を取り去り、綺麗な心で帰宅することが
出来るのかっ!

| | コメント (3)

より以前の記事一覧